中野区議会自由民主党議員団

一般質問:令和04年第2回定例会

タイトル・スラッグ書き換え後削除 一般質問:令和○○年第○回定例会 r00-dai0kai-ippan

令和04年第2回定例会一般質問抜粋

開催日:令和00年04月27日(月曜日)

沼袋駅周辺地区まちづくりを問う

区画街路第4号線の事業計画では、令和8年3月までに整備事業が完了することになっているが、事業期間が延伸されるのではと地域から不安の声が上がっている。

質問

  1. 延伸となった場合、令和8年3月までに整備事業は完了するのか。
  2. 交通広場の予定地が工事ヤードとして活用されている。連続立体交差事業が完了しないと、交通広場の整備ができないのか。
  3. 区画街路第4号線は道路拡幅により新たに生まれ変わる商店街であり、賑(にぎ)わいのある道路空間を構築するため「歩行者利便増進道路制度」の活用が有効だと考える。当制度などを活用できる体制・制度づくりが必要であるが区の考えは。
  4. 旧沼袋小学校跡地は北部すこやか福祉センターと避難所機能、オープンスペースとする計画だが、避難所機能とはどのようなものを考えているのか。

回答

回答者:区長

  1. 今後の用地取得進捗(しんちょく)の状況等を踏まえ、令和7年度末の事業完了を目指し、引き続き事業推進していく。
  2. 交通広場部の着手時期は、連続立体交差工事の進捗を踏まえ、西武鉄道と協議の上、見極める。
  3. 制度の活用は、どのようなことが可能か検討していく。
  4. 地域のニーズを把握し、よりよい施設機能となるよう、検討を進めていく。

認知症への理解を深める取り組みを

質問

認知症バリアフリーを更に拡大していくため、認知症サポーター養成講座の受講が少ない職域や、学校の児童・生徒への啓発活動を行うべきと考える。区の今後の展開は。

回答

回答者:区長

不動産業者やマンション管理組合等への取り組みを検討している。講座は小中学校、高校、大学等でも実施しており、実施校拡大のため、啓発活動を推進する。