中野区議会自由民主党議員団

一般質問:平成21年第4回定例会

平成21年第4回定例会一般質問抜粋

開催日:平成21年12月02日(水曜日)

新型インフルエンザワクチンの集団接種拡大を

質問

区は、新型インフルエンザワクチンの集団接種の対象を小学校低学年に限定した。しかし、受験期などの子どもをもつ親の多くは、一刻も早く予防接種を受けさせたいと望んでいる。対象を拡大し、早期接種を実現すべきだ。区の見解は。

回答

回答者:区長

今後、ワクチンの供給状況の改善が見込まれること、集団接種医の確保が困難なことなどから対象外とした。


行政改革を推進せよ

質問

区は、直面する財政危機に対し、経営本部内に専管組織を設け、積極的に行政改革に取り組むべきと考えるが、区長の見解は。

回答

回答者:区長

必要な時期に必要な事業の見直しが行える、経営本部を含む区全体の体制を作り上げてきている。


障がい者の雇用支援を

質問

障害者雇用に理解のある区内の中小企業が事業協同組合を立上げ、障害者の雇用拡大に取り組んでいる。区も転換後の各施設において、安定的な仕事の提供や障害者を雇用するなど、本取り組みを支援すべきでは。

回答

回答者:区長

就労の機会は、多様な形で拡大することが望ましい。広く対応したい。