中野区議会自由民主党議員団

若林 しげお:総括質疑:平成29年第3回定例会

若林 しげお 議員平成29年第3回定例会総括質問抜粋

開催日:平成29年09月22日(金曜日)

質疑項目

区及び教育委員会のイクボス宣言

問:
子育て中の職員に対する管理職の対応基準などはあるのか。
答:
育児休業、部分休業、時差勤務など様々な制度がある。それらを利用する際、職員からの申請により、管理職が承認をしている。
問:
部活動の外部指導員の候補となる人材に、指導者養成講座を案内すべきでは。
答:
広報紙などを通じて、新たな地域の人材を募集したい。また、教育委員会と連携し、人材の発掘に努めていく。
問:
部活動については外部指導員だけではなく、必ず学校及び教職員が関わるべきでは。
答:
部活動の顧問については引き続き教員が務めていく。

授業日数の確保

問:
2学期制を3学期制に戻しても、授業日数の確保は可能ではないか。
答:
授業日数は、ほとんど変わらないと認識している。

中野区の分煙推進

問:
中野駅北口広場や南口バスロータリーに、加熱式たばこ専用エリアを設置しては。
答:
民間で設置している事例を調査し、研究する。

通学路の安全確保

問:
ウェブカメラの設置では、ビーコン(位置情報等を取得するための装置)が後づけできるように進め、設置場所も通学路や震災時の避難場所付近など重要ポイントを選定し、設置すべきではないか。
答:
プライバシーの保護を考慮しながら、どの地域が重要ポイントになるかを調査・把握し、慎重に対応策を判断していきたい。