中野区議会自由民主党議員団

一般質問:平成29年第1回定例会

平成29年第1回定例会一般質問抜粋

開催日:平成29年02月20日(月曜日)

総合的戦略を構築しスポーツによるまちづくりを推進せよ

2021年までの3年間は、ゴールデン・スポーツイヤーズとも言われている。

質問

  1. 地域に人を呼び込み活性化するためにスポーツコミッションを設立しては。
  2. ウォーキング等がしやすい道路や遊歩道の整備など、誰もがスポーツに親しみやすいユニバーサルデザインの環境整備が必要では。
  3. スポーツによるまちづくり推進のための総合的戦略の構築について区の見解は。

回答

回答者:区長

  1. 関係機関との連携を通じたイベント誘致の手法等について研究したい。
  2. 道路を活用したウォーキング等の魅力も高まるよう、観光資源や公共施設の配置と連携したバリアフリー道路の整備について検討していく。
  3. 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とし、まちづくりや産業振興など総合的視点でスポーツ振興の推進や戦略構築の必要性について検討していきたい。

民間提案を取り入れたファシリティマネジメントの推進を

質問

  1. 地域の課題解決や価値向上に十分効果のある区有財産の有効活用が必要だが、区の見解は。
  2. 商工会館移転・売却後の跡地活用は、民間提案を基に検討してはどうか。

回答

回答者:区長

  1. 区全体や地域の価値向上につなげる検討を進めるとともに、売却や貸し出し、官民協力による施設整備など、民間活力の十分な活用や施設の集約化・複合化により、更新経費の縮減を図っていきたい。
  2. 跡地売却の場合は、民間活力を最大限に生かした付加価値の高い活用方法となるよう検討を行いたい。