中野区議会自由民主党議員団

篠 国昭:一般質問:平成30年第1回定例会

篠 国昭 議員平成30年第1回定例会一般質問抜粋

開催日:平成30年02月20日(火曜日)

避難行動要支援者名簿等の整理統合を問う

区は、見守り対象者名簿と避難行動要支援者名簿、非常災害時救援希望者名簿を統合する。

質問

  1. 28年度から、民生・児童委員が避難所の避難支援班に加わったことは、災害時の体制として非常に心強いと考えているが、統合する名簿対象者には、民生・児童委員の訪問調査活動対象者が、どの程度いるか。
  2. 発災時には、避難行動要支援者名簿が情報提供の同意の有無にかかわらず、区内48カ所の各避難所に届けられる。1避難所当たりの名簿登載者数は何人程度か。

回答

回答者:区長

  1. 約1万1000人であり、名簿対象者の約3割となる。
  2. 平均730人の要支援者が名簿に登載される。

「人づくり」に欠かせない家庭教育を促す方針を掲げよ

質問

0歳から2歳児の期間は、親と一緒の安らぎの中で情緒や知性等の基礎が作られると言われている。また、0歳児の言葉が通じないコミュニケーションの要求が、保護者を育てるとも言われている。家庭で育てたいと考える親が、特に0歳児においては家庭で育てることができるよう、家庭での子育てを促す方針を明確に掲げるべきでは

回答

回答者:区長

区としてはどのような環境におかれた子どもも健やかに成長できる地域社会を目指すことが重要と考えている。家庭状況やニーズに応じた様々な子育てのスタイルを選択できるよう、多様で質の高い教育・保育の提供、子育て支援サービスを推進する。


町会等の負担に配慮した防犯カメラ維持経費助成の検討を

質問

30年度予算案で、町会等の設置する防犯カメラの維持経費を区が助成する案が示されたことは一定の評価をするが、維持管理費用は、依頼業者により費用や内容に差が生じる。今後は区がメンテナンス業者を選定し、一括して維持管理費を助成していくほうが、町会等に負担をかけないのでは。

回答

回答者:区長

町会等の事務的負担の実情把握に努め、可能な対策があるか研究したい。