中野区議会自由民主党議員団

伊藤 しんじ:一般質問:平成30年第2回定例会

平成30年第3回定例会一般質問抜粋

開催日:平成30年06月29日(金曜日)

質問タイトル1

区長の所信表明を問う

  1. 平和の森公園再整備では、基本計画策定時に、3回の区民説明会、3回の意見交換会とパブリックコメントを行い、更に基本設計時に3回の区民説明会が行われ、手続きに瑕疵(かし)は見当たらない。300メートルトラックとバーベキューサイトの必要性を再検討するとした理由は。
  2. 2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたアスリート支援との相関関係は。

回答

回答者:区長

  1. 多くの区民が必要性に疑問を持ち、十分な議論が必要と考えたためである。
  2. 中野から優秀なアスリートを持続的に誕生させる仕組みや、区民が一体的に応援する文化を作りたい。今後もスポーツ環境を充実させ、競技力向上の取り組みを実施したい。

1万人アリーナ整備を再検証する必要性を説明せよ

質問

(仮称)中野駅新北口駅前エリアアリーナ整備官民連携協議会が、3月に報告書をまとめている。報告書では、再整備事業全体計画でのアリーナの位置付けや社会動向、周辺地区への影響等、様々な角度から検証がされている。この検証結果のどこに不足があり、再検証を必要とするのか。

回答

回答者:区長

協議会での議論自体に不足はない。集客交流施設が1万人規模のアリーナでよいのか、改めて議論したい。


中野駅周辺整備計画見直しによる影響を説明せよ

質問

区役所・サンプラザ地区再整備事業は、連動する中野駅地区整備計画や中野駅西側南北通路・橋上駅舎等事業と密接な関係にあり、スケジュールも連動している。事業見直しによる影響とその対応は。

回答

回答者:区長

中野駅西口改札開設には遅れが生じないよう、取り組みたい。中野駅新北口駅前エリアの都市計画手続きは、影響を最小限に抑えられるように検討したい。