中野区議会自由民主党議員団

一般質問:平成30年第1回定例会

伊東 しんじ 議員平成30年第1回定例会一般質問抜粋

開催日:平成30年02月20日(火曜日)

区長の施政方針を問う

質問

  1. 多様化、複雑化し、増加する行政サービスの区民との協働の在り方、新たな担い手の創出、財源の公費負担の在り方についての見直しを検討すべきでは。
  2. 地域社会や行政の在り方を子育て第一の形に変えていく根本的な発想の転換について、考え方やスケジュールはどうなっているのか。
  3. 歳入については財源の見込みを十分に精査することで、歳出については事業の見込みや経費見積りを、十分に整理することで、予算の裁量枠が増える。それにより、区の独自施策の選択肢も広がり、喫緊(きっきん)の課題に対する取り組みも可能となる。選ばれる自治体に寄与する施策を充実するため、予算を強化すべきでは。

回答

回答者:区長

  1. 公益活動助成制度の充実や区民活動センター運営委員会の事務局体制と役割の強化などについて検討する。
  2. 障害児への療育、児童相談所設置の準備などの事業を提案している。今後、更に、子育て施策全般にわたって再検討と強化が必要であると考えている。
  3. 歳入については、予算編成時点で分かりうる確実な状況を踏まえて予算案を作成している。歳出については、実施すべき事業について予算編成過程で精査し、基準となる一般財源規模に基づき創意工夫を図っている。執行段階においても、適切な形で事業化できるよう努力する。

すこやか福祉センターの配置の見直しを

質問

包括ケア体制の構築が急務であることを考えると、中部すこやか圏域の分割と併せ、他の圏域も分割し、8圏域の設定とすることが望ましい。その際、地域包括支援センターや子育てひろばの配置バランス等、利用者の視点に立ち施設配置を行うべきでは。

回答

回答者:区長

すこやか福祉センターについては、更に機能強化が必要であり、人口規模や面積、地域包括支援センターの設置箇所数等を勘案し、これまでの圏域の分割など、区民にとって身近な地域への配置を考えている。答