中野区議会自由民主党議員団

一般質問:平成22年第3回定例会

平成22年第3回定例会一般質問抜粋

開催日:平成22年09月16日(木曜日)

区内産業活性化とスケールアップを導け

質問

中野駅周辺の再開発、西武新宿線の連続立体交差化などが予定されている。区がしっかりとしたリーダーシップをとり、区内産業の活性化と新たな産業創出を促進する施策を構築すべきではないか。また、現状の延長ではない将来の見通しを明確に示し、区の産業振興施策全体の大幅な底上げをすべき時期ではないか。

回答

回答者:区長

まちの活性化の取り組みを具体的に進めるために、目標体系や事務事業の大幅な見直しを進め、従来のソフトの産業振興施策とハードのまちづくり施策を連動させ、区内産業の活性化や新産業の立地推進、地域コミュニティの活性化を意識した商店街振興など着実に進めていく。


区内事業者の育成策を示せ

質問

区内事業者の受注機会確保のため、総合評価方式による一般競争入札を基本とし、入札参加資格の地域要件などの時限的適用について検討していく。

回答

回答者:区長

区内事業者の受注機会確保のため、総合評価方式による一般競争入札を基本とし、入札参加資格の地域要件などの時限的適用について検討していく。


特定健診対象者を拡充せよ

質問

区の国保特定健診の対象者は、4月1日現在、国民健康保険に加入している区民であり、4月2日以降に国民健康保険に加入した区民は特定健診を受けることができない。国保特定健診の対象者を見直すべきでは。

回答

回答者:区長

区は現在、国の基準に基づいた対象者に特定健診を行っているが、公平性を欠く現状にある。早急に改める方向で検討する。


子育て家庭を支援せよ

質問

  1. イクメン(育児を楽しむ男性)を対象とした子育て支援には何があるのか。4
  2. 私立幼稚園保護者補助金の増額がなくなるが、多様な子育てサービスを利用している保護者の経済的負担は大きい。保護者補助金に対する今後の区の見解は。

回答

回答者:区長

  1. 妊婦体験や沐浴体験を実施し妊婦に対する理解を進めることや、子どもの成長にあわせた関わり方を学ぶ講座を開催し、父親の育児参加を啓発・支援している。
  2. 幼稚園保護者のニーズを踏まえ、私立幼稚園や保護者への支援のあり方について検討する。